Default - ビジネスブログ

オールウィン社会保険労務士事務所
就業規則作成 助成金申請なら
2018年04月04日 [Default]
4月に入り、電車に乗っていても、街を歩いていても新入社員らしき初々しい姿をよく見かけるようになりました。
これからぜひとも無理せず頑張っていただきたいですね。

4月に新入社員が入ってくる前に、3月末をもって定年退職される方も多くいらっしゃると思います。

定年退職した後も現在は定年退職者の希望があれば、企業は最低でも原則65歳までは再雇用するようになっております。
大方の企業は60歳定年で65歳まで継続雇用の定めをしているようです。

さて、ここでよく問題になるのが継続雇用時の新たな待遇です。
定年退職時の賃金や出勤日数、労働時間等多くの会社が新たに雇用契約を結ぶと思います。
給料を25%ぐらい減額する等よく聞きますが、正直明確な決まりはございません。
基本的には労使の合意によるものになります。

しかし、最近話題の「同一労働同一賃金」などを考えると大幅な減額はどうなのか?となりますよね。
60歳から61歳になったからといって、労働力自体はほとんど変わらないでしょうから難しいところです。

前置きが長くなりましたが、この度再雇用時の賃金の減額幅について違法の判断が高裁で出されました。

会社は、定年後の再雇用の条件として、賃金を25%相当に減らすことを提案しました。
25%減額ではありませんよ。
25%相当にするというのですから実に75%の減額です!!

ちなみに訴訟を起こしたこの方の定年時の給料は月額約33万円だったそうです。
それを時給制のパート勤務として75%減額とすると82,500円!
扶養範囲で働くパートの方程度です・・・。

この方は、この条件を拒みました。
そして訴訟に至りました。

定年再雇用減額

最終的な判決はこうです。
「65歳までの雇用の確保を企業に義務付けた高年齢者雇用安定法の趣旨に沿えば、定年前と再雇用後の労働条件に「不合理な相違が生じることは許されない」
「会社が示した再雇用の労働条件は、生活への影響が軽視できないほどで高年法の趣旨に反し、違法である」

再雇用後の賃金引き下げを不法行為とした判決が確定するのは初めてとみられています。

私個人的にも、例えばお客様が再雇用時にここまで減額する、と申し出たら止めますね・・・。
あまりにも極端すぎる。
60歳以上でも職種にもよりますが十分戦力になります。
今まで賃金が高かった分再雇用時に多少の減額はやむを得ないと考えますが、やはりお互いの話し合いで今後も気持ちよく働けるように持っていきたいですよね。
単純に再雇用だから減額、ではなく実力や実績、体調等総合的に判断して決定すべきだと思います。

今後もこの手の争いは多く出てくると思います。
今回ほど極端でなくても違反の判決が出るケースも想定されます。
注意深く見守っていく必要があります。

2018年03月30日 [Default]
だいぶ春らしくなってきましたね。
暖かい。

春休み・・・社会人には関係ないですね。
お子様のいる方は今春休み真っただ中ではないでしょうか。

私の娘も春休み中です。
3月2?日〜4月4日まででしたか?
夏休みと比べれば全然短いですが嬉しいですよね。

さて、私にも当然春休みなんてものは関係ありません。
しかし!「休みなんだからどこか連れて行って〜!!」ってなりますよね・・・。

父親としては当然どこかに連れて行ってあげたい・・・。
でも休みが取れるか・・・いや休めるか!?
そんなこんなで3月中はいろいろ調整して2日間お休みを頂きました。

どこに行ったかというと、娘に雪遊びをさせてあげたいという妻の提案でスキー場に行きました。
東京から新幹線で越後湯沢まで行き、その後送迎バスで湯沢中里のあたりです。

当日は晴れ!!
暑い!!
スキー場なのにTシャツでも平気っていうぐらいの快晴でした。

子供にやさしいスキー場という売り文句の場所でしたがやはり親子連れでいっぱいでした。

スキー

さて私どもはというと、当初は雪だるまを作ったり、雪合戦をしたり・・・ということを想定していました。
そして2日目はやることがなくなりどうしようか・・・というつもりでした。

それがなんと娘が「スキーやってみる!」と言い出したのです。
スキー難しいからな〜、できなくてイライラしていやな気分にならないかな〜・・・なんて考えましたが、やはり娘のやる気を尊重するべきだということで挑戦することになりました。

リフトには乗らず、少し歩いて登って、滑るの繰り返しです。
私は長靴で付き添い、登って、教えて、滑る娘の横を走りながら教えて・・・。
ゼェーぜぇー、ハーハー・・・。

そんなこんなを繰り返しているとなんと1日である程度滑れるようになりました!
子供の適応能力に驚かされました。
当然滑れればうれしいし楽しい、ということで娘も大喜び!
2日目もスキーをいっぱい滑りました。

私も娘が楽しめたことが一番の喜びでした。
仕事を休んできているわけですから少しでも楽しい旅行にしないといけませんからね。

温泉に入って、バイキングのごちそうを食べて・・・一時の気分転換ができました。

スキー場にはほかにもお父さんお母さんがいっぱい来ていました。
私と同じように会社を休んで来ているのでしょう。
皆さんお子さんのためなら休みを取って遊んであげたいですよね。
そして自分自身も少しでも息抜きできれば最高だと思います。

季節の変わり目ですし、体調も崩しやすい時期です。
仕事に遊びにはりきっていきましょう!!

2018年03月22日 [Default]
昨日の春分の日は寒かったですね・・・雪まで降って・・・。

そんな3月21日は私の43歳の誕生日でした!
全くうれしくない・・・。
もう40歳超えるとどうでもよくなりますね(笑)
一応家族は祝ってくれますけど、老いていくだけすから。

とにかく30歳過ぎてから年齢を重ねるのがめちゃくちゃ早く感じます!
更に独立してからはあっという間に1年が過ぎていきます!
良いことなのか悪いことなのかわかりませんが充実している証拠だ・・・と自分に言い聞かせています。

人生100年時代?ですからまだまだ若造ですね(笑)
とにかく健康第一で仕事に精進していきたいと思います!

さて、誕生日の1か月前ぐらいに「年金定期便」が届きますよね。
皆様見ておりますか?

今までの年金加入月数や今現状でもらえる年金見込額が記載されています。

今までは「ふ〜ん」ぐらいで捨てていましたが今回改めてよく見て愕然としました。

「少な!!」

ぶっちゃけてしまうと年金加入月が確か230月ぐらいでした。
で現状での将来見込額が老齢基礎年金が45万ぐらい、老齢厚生年金も45万ぐらい・・・。
それに対して今まで納付してきた額は確か700万円ぐらい。

年間90万円。
1ヶ月75,000円。

確かにまだこれから20年弱納めますよ。
それに応じて年金額も増えますよ。
でも生活できないでしょ!!って思いました・・・。
一応社会保険労務士なんですけど・・・。

更に独立したことで基本的に厚生年金は増えません。
国民年金を一生懸命60歳まで収めても国民年金は80万強。
年間125万円。
1ヶ月100,000円ちょっと。

なんか悲しくなりますね・・・。

年金破綻

だから国としては、高齢者を活用しましょう!だの長く働きましょう!だの言って「自助努力」を促しているのです。
もはや年金を当てにしないでください・・・と言っているようなものです。
そして年金の受給開始年齢をどんどん引き延ばしていますし、70歳以降から受け取ったほうが得ですよ!なんて言ってます。

今回改めて思いました。
@ 健康第一
A 貯金をする
B 年金ではない資産形成

これをしないと「全然楽しくない老後」になると思いました。
幸い、健康でいれば私は自営業なので何歳まででも仕事があり収入があります。
そしてBについては昨年から小規模企業共済に入って将来の退職金みたいな形にしました。
他にも何かやろうかな〜とも思っています。

くだらない頭にくるニュースばかりで全く国民不在の世の中です。
国の政策なんて期待できません!
日本年金機構もミスのオンパレード!
厚生労働省もダメ!
悔いのないように今からできることを自分自身で考えていくべきです。

豊かな老後を目指しましょう!!

このページの先頭に戻る